さみしさ。

もし本当に劇場に来てくれていたなら、痛恨だ。どうして気がつかなかったのか。 僕たちの芝居は、きみの目から見てどうだったろうか、変わらないものをちゃんと握っていただろうか。 時間は過ぎて、たましいが削れていくようで、取りかえしのつかないことばかりだ。関わってくれる仲間に、下の世代の人間も増えて、あの頃とは違った種類の歯ぎしりも経験するようになった。 自分のさみしさの根のようなもの、喪失感…

続きを読む