びゅんびゅん。

新しい公演の稽古がはじまるたびに、それがどれほど親しく信頼の深い仲間とともにするものであろうと、激しく緊張します。 まったく新しい旅に、まったく新しい役割を互いに担って挑むからです。 * タオルまわしは、だんだんとグル―ヴィーさが増してきた。 台本を読む。立ち止まり、立ち止まり、読み進む。 帰りの電車で、城戸さんが公演の終わった後に観たという『レヴェナント』のあらすじを聞い…

続きを読む